試験・研究設備の検索
備品の詳細

設備名
香気成分分析システム
型式
Clarus 500 GC(ガスクロマトグラフ),TurboMatrix HS 40(ヘッドスペースオートサンプラー),クロマトコーダー21(クロマトグラムデータ処理装置)
メーカ
(株)パーキンエルマージャパン,システムインスツルメンツ(株)
分類
分析
用途
食品中に含まれる微量な香気成分の分離,解析に使用.
特徴
ヘッドスペースオートサンプラーに電子制御圧力バランス法が採用されており,ガスタイトシリンジ,サンプルループ,マルチポートバルブを使用せずにサンプル導入することが可能.
仕様
●検出器   :FID
●オーブン温度:室温プラス10℃から450℃(最小ステップ1℃),
          昇温プログラム:3段の昇温と4段の定温
●時間設定  :0から999分(最小ステップ0.1分)
●昇温温度  :0.1から45℃/分(最小ステップ0.1℃)ヘッドスペースオートサンプラー:40バイアルバイアル容量:22ml
担当
食品・応用生物 TEL:088(635)7908,088(635)7909
担当者
  
設置場所
微生物工業研究室
設置年度
2003 (平成15) 年度
写真
備考 電源立地特別交付金事業
その他


■この設備に関するお問い合わせは下記まで.
        企画総務担当  TEL:088-635-7900  FAX:088-669-4755  E-mail: