試験・研究設備の検索
備品の詳細

設備名
ICP質量分析装置
型式
Agilent8900トリプル四重極ICP-MS
メーカ
アジレント・テクノロジー
分類
分析
用途
工業製品,食品,環境水等に含まれる元素濃度を測定する装置。
通常の環境下に設置をしても極微量まで定量可能であるため,材料,製品,環境水等の極微量元素を定量することが可能。
特徴
ICP-トリプル四重極質量分析計。
1つ目の四重極マスフィルターが1mass設定で,リアクションモードでオンマス,マスシフト法により干渉除去が可能。
ナノ粒子の粒度分布測定など。
仕様
ICP-トリプル四重極質量分析計
試料導入:フッ酸溶液・有機溶剤対応
コリジョンリアクション機能:リアクションモードでマスシフト法,オンマス法により干渉除去が可能
高マトリックスサンプルのガス希釈:希釈倍率100倍まで可能
シングルマスモード可能
ナノ粒子濃度,粒子径分布が測定,解析可能
担当
材料技術 TEL:088(635)7902,088(635)7903
担当者
佐藤 誠一  郡 寿也
設置場所
金属組織研究室
設置年度
2019 (令和元) 年度
写真
備考 令和元年度(平成31年度)地方大学・地域産業創生交付金事業
その他


■この設備に関するお問い合わせは下記まで.
        企画総務担当  TEL:088-635-7900  FAX:088-669-4755  問い合わせフォーム